管理人宛




   室内飼いか

猫を飼ったことのない人は、
「猫を家の中で飼いたい or 外で飼いたい。or 家の中で普段は飼い、
たまには外にだしてあげたい。」などなど、いろいろな案が浮かんで
くることと思います。

実際、私の周りにも様々な環境下で猫を飼っている方がいますし、
それぞれ、それなりに幸せそうに見えます。

しかし、
猫を家族のように思い、一生面倒をみる!という猫好きの方は
迷う必要はありません。室内飼い決定です。
猫を外出させると、それなりの危険が伴うことは想像にやさしいです。
自動車、猫嫌いの人間、病気等、猫の生命を脅かす事象が
数多くあります。それらから、愛猫を守るには室内飼いしか ありません。

ここでよく思われるのが、狭い世界しか知らないのは可哀相という
考えかたです。
確かに、1度でも外を知ってしまった猫を室内飼いにすることは、
多大なストレスを与えてしまうため、よくありません。
しかし、幼猫の時から室内飼いをしていれば、猫はストレスを感じる
ことはないようです。
また、猫は犬と違い、縄張りというより、上下空間を好みます。
例えばタンスの上、いすの上等、上下の空間を好むため、
室内でも工夫しだいで十分満足します。